【ファッション連続講座限定ページ】応用編1回目の受講特典「三木真紀おすすめのメイク道具」

ファッション連続講座応用編の受講生だけが閲覧できる限定ページです。

 

 

【応用編1回目の受講特典「三木真紀おすすめのメイク道具」】

 

メイクは必要な道具をそろえてから練習すると上達しやすくなります。

 

どんなに練習しても、必要な道具や使いやすいアイテムをもっていなければ遠回りになってしまいます。

 

コーディネート同様、メイクも最初に必要な道具をきちんとそろえましょう!

 

スキンケアやお化粧品(下地やファンデーション、アイシャドウやリップなど)は、お似合いになる色や質感がお一人お一人ちがいます。

 

 

ファッション連続講座では、メイクの仕方ではなく服とコーディネートとメイクの合わせ方をお伝えします。

 

メイク道具もお化粧品もご自身に合ったものを選ぶことが大切です。

 

このページでは、三木真紀おすすめのメイク道具とお手入れ方法をご紹介します。

 

ベースメイクとポイントメイク、それぞれに使う道具とお手入れ方法です。

 

一つ一つに記号をつけていますので参考にしてくださいね。

 

◆最低限、持っておきたいもの

◇あると便利、メイクのクオリティを挙げられるもの

 

受講中であれば、お手持ちのメイク道具やお化粧品のチェックやご相談も承ります。

 

また、お化粧品(下地やファンデーション、アイシャドウやリップなど)は、お似合いになる色や質感がお一人お一人ちがいます。

 

コンサル付ショッピングレッスンで一緒にお店をまわってお試しいただくとベストなものを見つけやすくなります。

 

講座受講中でもご利用いただけますのでお気軽にご相談くださいね。

 

※おすすめのメイク道具やお化粧品の使用感には個人差があります。

ご購入または使用される場合は自己責任でお願いします。

 

【ベースメイク用のメイク道具】

 

 

 

◆水スポンジ

ロージーローザ ジェリータッチスポンジ ハウス型 6P

 

下地やリキッドファンデーション、クリームファンデーションを肌に密着させるために使います。

水で濡らしても乾いたままでもどちらでも使えます。

どちらで使うかで質感の仕上がりが変わるのでお好みや肌の調子に合わせて使い分けてもOKです。

 

◆細い綿棒

 

一般的な綿棒の半分くらいの細さの綿棒であればお好きなメーカーのものを選んでください。

ドラックストアでも売っています。

アイブロウやアイライン、リップラインを整えるために使います。

 

◆ファンデーションブラシ

白鳳堂 S5557 Bk パウダー&リキッド 丸斜め段(毛先2mm段差)

 

パウダーファンデーションでもリキッドやクリームなどの油分があるファンデーションでもどちらでも使えます。

カバー力や質感をコントロールすることができます。

リキッドやクリームタイプのファンデーションをブラシでのせた後に、水スポンジで押さえると崩れにくくなります。

 

◇コンシーラーブラシ

アディクション フィンガーコンシーラーブラシ

 

コンシーラーでシミや色ムラをカバーするときに使います。

カバーしたいところにトントン置くようにするとキレイにカバーできます。

 

◆フェイスパウダーブラシ

アディクション パウダーブラシ

 

ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーをのせるときに使います。

ふわふわ肌あたりが柔らかく、メイクするのが楽しくなるブラシです。

 

◇眉/ アイホールのフェイスパウダー用ブラシ

白鳳堂 J142 アイシャドウ 丸

 

目の周りや眉などに狭い範囲にフェイスパウダーを仕込むときに使います。

アイシャドウ用のブラシですが、用途に適しているのでベースメイク用として使っています。

 

【ポイントメイク用の道具】

 

 

◆スクリューブラシ

アディクション アイブロウブラシ スクリュー 04

 

眉毛を整えるために使います。

眉を描く前に毛流れを整えたり、描いた後に馴染ませたり、と眉の完成度を上げることができます。

 

◆コーム

白鳳堂 J019 まつげコーム

 

まつ毛を整えたりマスカラをキレイに仕上げたりするためのコームです。

眉のお手入れをする際にも使います。

 

◆アイブロウブラシ

白鳳堂 S163 Bk アイブロウ 斜め

 

アイブロウパウダーで眉を描くときに使います。

私はプロ用のものを使っているため、白鳳堂で似ているブラシをのせました。

毛質や毛の長さが同じであればどこのブランドでも大差ありません。

 

◆眉用カミソリ(お手入れ用)

 

眉のカタチを整えるときにコームと組み合わせて使います。

眉専用のカミソリであればどこのメーカーでもいいのでお好きなメーカーのものを選んでください。

ドラックストアやAmazonなどで売っています。

 

◆アイシャドウブラシ(アイホール用)

白鳳堂 G5507 アイシャドウ 丸平

 

アイホールなどまぶたの広い面積にアイシャドウをのせるときに使います。

肌あたりが柔らかく、目元の薄い肌にも負担がかかりにくいブラシです。

 

◆アイシャドウブラシ(締め色用)

白鳳堂 J005H アイシャドウ 丸平

 

アイシャドウの締め色をのせるときに使います。

締め色をアイラインのように細く引くこともできますし、描いたアイラインをぼかすときにも使えます。

 

◆チークブラシ

白鳳堂 #187S スティプリング ブラシ

 

パウダータイプのチークをのせるときに使います。

毛先が梳いてあるのでつけすぎてしまう失敗がしにくくなるブラシです。

 

◇ハイライトブラシ

白鳳堂 #188S スモール デュオ ファイバー フェイス ブラシ

 

パウダータイプにハイライトをのせるときに使います。

チークブラシ同様、毛先が梳いてあるので失敗しにくいブラシです。

 

【メイク道具のお手入れ方法と用品】

 

 

道具のお手入れもメイクの一部です。

それぞれのメイク道具に合ったきちんとお手入れを続けると、良い状態で長く使うことができます。

またメイクの仕上がりの完成度を上げることができます。

 

一方で、汚れがついたままのメイク道具は衛生的でないので肌トラブルの原因になります。

正しいお手入れ方法をマスターしましょう!

 

●スポンジのお手入れ方法

 

一度使った面は繰り返し使わないようにしましょう。

雑菌が繁殖して肌トラブルの原因になります。

スポンジをお風呂に入った時に、朝使ったスポンジを洗っています。

スポンジ専用のクリーナーもありますが、汗皮脂とファンデーションなどの油分が落ちる石鹸や中性洗剤でも落ちます。

 

●ブラシのお手入れ方法

 

使われている毛の種類によってお手入れ方法が異なります。

 

○天然毛(動物の毛)を使ったブラシのお手入れ

 

毎日のケアは汚れを軽く拭うくらいにして、頻繁な水洗いは避けるようにしましょう。

動物の毛でできているブラシは、水洗いをしすぎると元々含まれている油分が抜けて傷んでしまいます。

水洗いは、汗皮脂や毛についたお化粧品の残りがダマになったり、メイクののりが悪いと感るようになったりしたら行います。

 

○人工毛を使ったブラシのお手入れ

 

水に強いので汚れが気になったらこまめに洗うようにしましょう。

洗い方は人工毛と同じです。

 

●お手入れ用品

 

◇クリーナー

資生堂 スポンジクリーナーN (L) 198

 

スポンジにもブラシにも使えるクリーナーです。

摩擦をかけずに汚れを落とせて、トリートメント効果があります。

私はブラシのお手入れに使っています。

 

◇ブラシスタンド

メイクブラシスタント

 

洗ったブラシを乾かす時に使います。

形状が同じであれば同じメーカーでなくても大丈夫です。

乾かすときはブラシ部分を下に向けて差します。

 

【ファッション連続講座限定ページの閲覧方法】

 

受講生限定ページは公式LINEからアクセスできます。

 

講座が進むごとに閲覧できるページが増えていきます。

 

限定ページは受講終了後も閲覧できますので、ぜひ活用くださいね!

 

※公式LINEのトーク画面の下にあるメニューの「ファッション連続講座」をタップ

 ▽ ▽ ▽

 

 

②「受講生限定ページ」にある「受講特典」をタップ!

※お一人お一人の受講の進み具合によって閲覧できるページが異なります。

閲覧の対象となるページが開けない場合は、お手数ですが公式LINEのメッセージでお知らせくださいね。

 

・公式LINEはこちらです。

  ▽ ▽ ▽

友だち追加